2019年3月11日月曜日

「南三陸町、気仙沼を走る」

 今日は3月11日、早いもので東日本大震災から8年が経ち、今年も東北に向かって黙祷を捧げました。震災から約7ヶ月後、社長の中島桂一は自転車で被災地を走りました。
 その時の記録がブログ「自転車走業日誌」に掲載してあります。復興が進んできた現在においては、当時の貴重な記録と言えると思います。写真もたくさんありますので、興味のある方はぜひご覧ください!

中島桂一のブログ「自転車走業日誌」→「南三陸町、気仙沼を走る」

2019年3月3日日曜日

手作りの小屋

 早いもので3月に入りました。いよいよ春ですね~

 
 中島桂一手作り、組み立て式の小屋です。春らしくカラフルな色で塗装してみました!
 細い棒を組み合わせて軽量に作ってあり、釘やネジを使わず差し込むだけ。レゴ感覚で簡単に楽しく組み立てられるように考えました。2人で15分もあれば完成です。
 ホットドッグスタンドみたいでワクワクしますが、お客様のお庭で臨時の物置として使われています。


今年の1月6,7日に開催された少林山達磨寺の七草大祭。
 元々は少林山達磨寺の七草大祭で、御祈祷受付などに使うための臨時の小屋として設計しました。必要な時に組み立て、連結して使うことも可能、いろいろな用途に利用でき好評です!
 

2019年2月19日火曜日

「家づくりの 本当はどうなの?」

 少し暖かく春らしくなってきましたが、まだまだ寒暖の差がありますし、花粉も飛び始める時期になりました…季節の変わり目、くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。

冬の間冬眠していた池の鯉も、動き始めました!


 昨年11月に社長の中島桂一が「家づくりの 本当はどうなの?」というタイトルで本を出版致しました。30年以上住宅の設計と施工業務に関わってきた経験から、お客様との打合せの中でよく話題に上がる「家づくりの意外な真実」の一部を取り上げた内容となっております。
 これから新築やリフォ-ムをお考えの方に、興味のあるところだけでも読んでいただき、家づくりの入門書、手引書としてお役立ていただければ幸いです。
 詳細はこちらのペ-ジをご覧ください→住宅設計士 中島桂一著「家づくりの 本当はどうなの?」

2019年2月10日日曜日

上棟

 高崎市内で上棟。写真を少しですがアップしました。